大阪府知事と府私学課との打ち合わせ日程:森友学園問題との関連は?

 大阪府のウェブで公開されている知事日程には、各部署との打ち合わせが何日何時何分におこなわれたかが記載されている。

 知事日程から、知事と私学課(以前は私学・大学課)との打ち合わせ日程を抽出してみると、面白いものが浮かび上がる。

大阪府知事と私学課との打ち合わせ日程

大阪府知事と私学課との打ち合わせ日程

 知事と私学・大学課との打ち合わせは、月1~2回程度、多い月でも3回、1ヶ月間打ち合わせのない月もある。

 一方で、森友問題のカギを握る時期である2012年3月前後と2014年10月前後にはそれぞれ、私学・大学課との打ち合わせ回数が増えている。

 森友学園は2011年、大阪府に対して私立小中学校の参入要件を緩和する要望をおこなった。それを受けて2012年4月に大阪府の緩和基準が適用され、2012年3月はその直前にあたる。

 また2014年10月31日付で、森友学園から大阪府私学審議会に対して、「瑞穂の國記念小學院」の設置認可申請が出された。直前の2014年10月に、知事と私学課との打ち合わせが増えている。

 もっとも、当時は私学・大学課として、私学行政のほか府立大学や宗教法人も管轄していたので、府市大学統合の課題などほかの問題についても取り扱われていたのかもしれない。とはいえども、森友問題のキーワードになる時期に打ち合わせの回数が明らかに増えているのは、偶然なのだろうか。

スポンサードリンク