児童虐待通報に全国共通電話番号導入へ

 児童虐待の通報や相談をしやすくする対策の一環として、厚生労働省は各地の児童相談所に全国共通の電話番号を導入する方針を決定したということです。2009年11月の「児童虐待防止推進月間」までに開始する方針です。

 各地域ごとに児童相談所の連絡先などは自治体広報誌やウェブサイトなどには掲載されていますが、専門家以外の人が番号を把握しているという例は少ない状況です。虐待事件が発生した際、近隣住民が虐待を疑わせるような兆候(物音や怒鳴り声など)を把握していたものの、児童相談所の連絡先がわからないとして連絡できず、結果的に最悪の事態になったという事件も、過去に発生したことがありました。
 共通電話番号導入については、いかに一般に浸透させることができるかがカギになってくるのではないかといえます。
(参考)
◎厚労省、児童虐待にも「110番」 全国共通番号、秋に導入決定(日経新聞 2009/7/21)