小学校のいじめ認知件数13倍に急増:沖縄県那覇市

 沖縄県那覇市立小学校での2016年度のいじめ認知件数が2017年1月までの集計で4338件となり、前年度の327件から約13倍に急増していることがわかった。市立中学校でのいじめ認知件数は212件で、前年度の155件から増加している。2月22日の那覇市議会で報告された。

 那覇市教育委員会はいじめの件数急増について、いじめの認知体制を強化し、また「認知によって現場の評価が下がる」という意識の払拭に努めてきたことが要因とみている。なお、認知件数の7割以上は「解消した」とも報告されている。

 いじめ問題については、いじめの認知そのものや認知件数の数値が増えることによって、「数値が増えれば学校や教師の評価が下がる」という意識が働き、数値ゼロや減少の目標そのものが目的化してしまって数値あわせのために隠蔽につながりやすいことが指摘されている。その件については国会質問でも度々とりあげられ、文科省通知でも度々改善が呼びかけられている。

 那覇市教委では2015年の文科省通知を受け、いじめの調査で「悪ふざけ」ととられがちな内容もいじめとして認識し、調査や初動の対応を強化する措置をとったということである。

 いじめについては、統計上の数値の増減などよりもっと大切なことは、「いじめの被害で困っている児童生徒がいる」ということである。一人一人の児童生徒にとっては、そのいじめの被害がすべてであり、統計上のいじめ発生・認知件数の増減と個別の児童生徒個人の苦しみとの間には何の因果関係もない。

 また学校側にとっては、一人一人にきめ細かく対応することが重要である。そのためには場合によっては認知件数が急増することもありうるという視点も重要になってくる。

(参考)
◎いじめ「件数多いと評価下がる」を改めた結果… 那覇市の小学校、327件→4338件に(沖縄タイムス 2017/2/23)