塚本幼稚園での虐待まがいの不適切行為:国会で取り上げられる

 玉木雄一郎衆議院議員(民進党)は2月22日の衆議院予算委員会第四分科会で、森友学園問題を取り上げた。

 同学園をめぐっては、新設小学校敷地をめぐって国が無償に近い価格で国有地を売却した疑惑が指摘されている。一方で土地問題から飛び火して、同学園が運営している塚本幼稚園(大阪市淀川区)で、園児への児童虐待と思われる行為、ヘイト、籠池泰典園長(学校法人理事長)・籠池諄子副園長(園長の妻)などからの威圧的な言動など、異様な教育・経営がおこなわれているとも指摘されている。

 玉木氏は、元園児の保護者から聴き取りをおこなった内容として、園では園児への虐待と思われるような不適切な行為があったと紹介した。

 具体的には、食事中はお茶を飲むのを禁止されている、おむつは禁止、お漏らしをした児童の下着をそのまま通園カバンに入れて持って帰らせる、家で犬を飼っている児童が「犬くさい」といわれて通園カバンを捨てられる、園側から「コーンフレークは鳥の餌だから食べてはならない」「公立学校に行くと頭が悪くなる」との発言、といった内容を聞いたと指摘した。

 その上で玉木氏は、文科省に現状調査を求めた。

 松野博一文部科学大臣は「私立学校には建学の精神があるが、所管の官庁が監督することになっている。委員から話があった内容は、文科省としても大阪府に報告を求める」と答弁し、大阪府を通じて事実関係を調査する意向を示した。

 退園した園児の保護者は、インターネット上で告発サイトを作って被害を訴えている。

 玉木氏の質疑では、告発サイトに記載されている内容とも一部重なるが、告発サイトには掲載されていない内容も紹介された形になる。

 土地問題もそれ単体でとんでもないことであり、真相究明が必要な案件である。一方で、このような虐待まがいの行為や人権侵害といってもいいような行為は、土地問題の経過とは別としても、そのこと自体がとんでもない話である。

 虐待疑惑についても、詳細な調査の上で必要な対応をとるべきではないか。