「体罰」奨励・「つくる会」関与の人物を教育委員に:千葉県

 森田健作・千葉県知事は7月8日、教育委員に野口芳宏・植草学園大学教授を選任する人事案を千葉県議会に提案しました。議案は賛成多数で承認されました。

 しかし野口氏については、日本教育再生機構代表委員など「新しい歴史教科書をつくる会」系の活動をおこなっていることや、著作で「体罰」を奨励・容認していることが指摘されています(参考:『森田知事の政治責任を追及する会』)。日本共産党などの議員は人事案に反対したということです。
 「新しい歴史教科書」系の活動や「体罰」の奨励、それぞれ1点だけでも極めて重大な問題なのに、しかも重大問題を2点も抱えている人物を教育委員に選任するというのは何ということなのでしょうか。
 千葉県の教育は、どこを向いて進んでいくのでしょうか。