「ネット上の見守り活動」開始後1ヶ月の状況を発表:埼玉県教委

 「学校裏サイト」などを監視し悪質書き込みの削除依頼などをおこなう「ネット上の見守り活動」を5月1日に始めた埼玉県教育委員会は6月8日、開始後1ヶ月の活動状況を発表しました。

 合計1万2634件のサイトをチェックし、悪質な中傷など69件(中学校49件、高校・特別支援学校計20件)について、サイト管理者に削除依頼を出したということです。
 発見された中傷などは、おそらく氷山の一角でしょう。ネットいじめなどを未然に防ぐことや、また発生した場合の早期の対処など、可能な限りのことをおこなっていくことが求められます。