加古川市立中学校生徒自殺、調査委員会設置へ:兵庫

 兵庫県加古川市立中学校2年の女子生徒が2016年9月に自殺し、背景にいじめがあった可能性があると指摘されている問題で、加古川市教育委員会は12月6日、「市いじめ問題対策委員会」の第1回会合を12月23日に開催予定であると明らかにした。

 加古川市議会で同日に総務教育常任委員会が開催され、委員会報告として明らかにした。

 この女子生徒は、いじめを訴えていると読み取れるようなメモを残していた。一方で事案の公表は、2ヶ月後の2016年11月になっていた。市議からは「公表や市議会への報告が遅れた理由」についての質問が相次いだ。市教委側は「遺族の意向を踏まえ、遺族側と調整しながら進めてきた」とする趣旨を答弁した。

 この事案については、概要的な報道以上の内容は伝えられていないが、ていねいな調査が必要ではないか。

(参考)
◎加古川中2自殺問題 第三者委の初会合23日開催(神戸新聞 2016/12/7)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク