ソフトボール部顧問が暴力・人権侵害行為:愛媛県の私立高校

 愛媛県松山市の私立聖カタリナ学園高校で、女子ソフトボール部顧問の男性教諭(30)が部員に対して常習的に暴力や人権侵害発言を繰り返していたことがわかった。

 学校側は1月17日に事実関係を公表した。被害に遭った生徒のうち2人が、登校できない状態になっているという。

 教諭は2017年4月に顧問に就任した。しかし教諭は部活動指導中、平手打ちや拳で殴るなどの暴力行為を繰り返した。また打撃マシンの球を素手で受けるよう強要する行為もあった。

 さらに、部員に対して「部活に来ないなら奨学金を受ける資格はない」「お前たちでは勝てない。退部届を出せ」「技術指導をしてほしければ先生と相撲を取れ」などとモラハラ発言を繰り返した。1人の女子生徒に対しては、「彼女にしてやろうか」「女子だからムダ毛は剃らないと」などセクハラ発言もあったという。

 学校側は2017年12月に事実関係を把握し、教諭を訓戒処分と無期限の部活動指導停止処分にした。しかし授業については、被害生徒のいるクラスも含めて引き続き担当しているという。

 こんなもの、指導ではない。指導関係を悪用し、無理難題をふっかけて無条件に従わせようとするハラスメント行為であり、いじめ行為・人権侵害行為である。

 学校側の対応も甘いのではないか。部活動の指導から外すだけでいいのか、授業などでもおかしなことをしていないのか、調査する必要があるのではないか。

(参考)
◎女子ソフト部監督が体罰・セクハラ発言 愛媛の私立高(朝日新聞 2018/1/17)
◎聖カタリナ学園 女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰(毎日新聞 2018/1/17)
◎「先生と相撲を取れ」強豪ソフト部員にセクハラ(読売新聞 2018/1/17)