広島県府中町中学生自殺「学校の進路指導が一つの要因」報告書

 広島県府中町立府中緑ヶ丘中学校3年の男子生徒が2015年12月、学校側が誤って書類に記入した「万引き」の記録があるから推薦入試を受験できないと担任から告げられたあとに自殺した問題で、第三者委員会は11月3日、「機械的、形式的な進路指導が自殺の一つの要因」とした報告書を町に提出した。

 この問題では、生徒と同学年の別の生徒が1年時に万引事件を起こし指導を受けていた、その際作成した書類には、万引きをした生徒とこの生徒を取り違えて記入していた。当時ある教師が気づいて訂正を求めたが、放置されていたという。

 3年になり進路指導の際に、この生徒は私立高校の専願推薦入試を志望した。しかし3年時の担任教諭は、書類の誤った記入をもとに「万引きがあった」という前提で生徒に対応し、「1・2年時に問題行動があったら推薦はできない」とした推薦基準に引っかかるとして生徒の推薦を拒否した。生徒が「万引きは身に覚えがない」などと言ったが、担任教諭はその後も「万引きがあった」と決めつける前提で対応した。担任教諭はさらに「万引きのことを親に報告する」などと追い詰めるような対応をとり、生徒はその直後に自殺した。

 第三者委員会では、「生徒一人ひとりの状況を踏まえ、総合的に判断するという教育的視点を欠いた」「生徒と教員の間に信頼関係が十分構築されておらず、学校がサポートを行わなかったことも自殺の要因の一つ」などと指摘し、学校側の問題点を指摘している。

 3年時の担任教諭が1年時の担任教諭や学年主任など他の学年担当者に問い合わせていれば、避けられた話ではないかとも思える。教職員多忙化などの要因も背景にあり、組織的な対応がしにくい状況も生まれて、機械的・管理的な対応になり、誤りの放置などの悪条件が積み重なって追い込んでいったのではないかと感じる。

(参考)
◎中3自殺「形式的指導が一因」=誤記録で推薦出ず、第三者委報告―広島(時事通信 2016/11/3)
◎「万引き」誤記録で自殺、第三者委「強権的な指導」(朝日新聞 2016/11/3)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク