無認可保育所での乳児死亡:暴行の疑い強まり保育士と経営者逮捕

 神奈川県平塚市の無認可保育所「ちびっこBOY」で2015年12月、当時生後4ヶ月だった男児が死亡した事件に関連して、神奈川県警は10月21日、男児に暴行を加えたとして、当時同園に勤務していた角田つのだ悠輔保育士(34)=横浜市戸塚区=を傷害致死容疑で逮捕した。また事件に関連して、捜査の対象となっていた保育所のパソコンを損壊して証拠隠滅を図ったとして、同園の林哲也経営者(49)も証拠隠滅容疑で逮捕した。

 保育士は容疑を否認し、経営者は「あとで話す」などとしているという。

 事件は2015年12月6日に起きた。この保育園は24時間体制で、被害児童は同日深夜0時頃から預けられていた。預けられた当初は特に異変はなかったという。児童は他の園児ら数人とともに寝ていたが、午前4時過ぎ、この保育士が「子どもが息をしていない」などと119番通報した。児童は病院に運ばれたが死亡した。この児童は、頭蓋骨を骨折していて、死因は脳挫滅だったという。事件当時、保育士が1人で担当していた。

 極めて不審な事件である。少なくとも、頭蓋骨の骨折や脳挫滅が発生していることは、かなり強い力で衝撃が加わっていることになる。暴行を受けていた可能性も疑われるということになる。本人は否認しているということだが、慎重に捜査されるべきであろう。

(参考)
◎乳児を暴行死させた疑い、保育士を逮捕 平塚(朝日新聞 2016/10/21)
◎乳児変死容疑で保育士逮捕 神奈川・平塚の認可外施設(東京新聞 2016/10/21)
◎託児所で男児死亡、元職員の男ら逮捕 平塚(日本テレビ 2016/10/21)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク