暁星高校で生徒が同級生切りつけ、いじめへの報復か?

 東京都千代田区の私立暁星高校で10月17日、自習中の教室で1年生の男子生徒が同級生に折り畳みナイフで切りつけ、生徒2人と教員1人がケガをする事件があった。この事件に関連して、切りつけた生徒が普段からいじめを受けていて、事件直前にも嫌がらせをされていたと訴えていることが指摘されている。

 事件は10月17日正午過ぎに発生した。このクラスは自習中だったが、別の男子生徒がこの男子生徒をからかうような言葉を吐いたことをきっかけにもみ合いになり、暴言を受けた男子生徒が逆襲するような形で折り畳みナイフを取り出して男子生徒2人を刺した。もみ合い騒ぎに気づいて別室から駆けつけて止めに入ろうとした教諭(49)も、巻き込まれるような形で切られて軽傷を負ったという。

 男子生徒は現行犯逮捕され、警察に対して「同級生の生徒2人から、直前にからかわれた」「ナイフは家から持ってきた」と話しているという。

 この学校は一貫教育で、切りつけた生徒や保護者は中学校3年の頃から、同級生との人間関係の悩みを学校側に訴えていた。学校側は、生徒側から相談を受けた事実はあったとしたものの、いじめかどうかは現時点では明言を避けている。

 継続的ないじめ被害を受けていたことがきっかけとなったいじめ報復事件の可能性もあると思われる。事実関係のていねいな調査が必要ではないか。

(参考)
◎切りつけ容疑の暁星高生「からかわれ、かっとなった」(朝日新聞 2016/10/17)
◎暁星高校で男子生徒が同級生ら切りつけ、3人軽傷(TBS 2016/10/17)
◎暁星高の教室で3人がナイフ刺傷 男子生徒「からかわれた」(スポーツ報知 2016/10/18)

スポンサードリンク