教科書検定:「つくる会」教科書が合格

 文部科学省は4月9日、2010年度から使用される教科書の検定結果を発表しました。

 今回の申請では、2012年度実施の新学習指導要領に対応した教科書検定が来年度におこなわれるという背景があり、ほとんどの出版社は新学習指導要領に対応した教科書発行を図るために申請を見送りました。
 今回の申請は「新しい歴史教科書をつくる会」発行の自由社の中学歴史教科書、高校「生物2」(東京書籍)の2種類にとどまり、2種類とも検定に合格したということです。
 「つくる会」は従来扶桑社から歴史教科書を発行していましたが、「つくる会」の分裂などを経て自由社から教科書を出すことにしたということです。前回(2004年)の扶桑社版歴史教科書筆者らが今回出版社を変えて執筆した形になったため、今回の自由社版教科書は扶桑社版教科書とほぼ同じ内容となっているということです。
 扶桑社版教科書も継続発行されているので、ほぼ同じ内容の教科書が2種類同時に出回ることになります。今後の動きには要注意です。

スポンサードリンク