東京都武蔵村山市立中学校、学園祭行事で横田基地米兵の「新兵訓練」企画

 米空軍横田基地(東京都)に所属する米兵が東京都武蔵村山市立中学校の行事に出向き、「新兵訓練(ブート・キャンプ)」と称したイベントに生徒を参加させていたことがわかった。

 『しんぶん赤旗』2016年7月20日付『米兵、中学で「新兵訓練」東京・横田基地 生徒の迷彩顔写真HPに』が報じている。『しんぶん赤旗』では米空軍ウェブサイトで「同記事に所属する第374医療軍の米兵数人が参加。3年生30人以上に対してドーランの塗り方や敬礼、ほふく前進などを教えたと記されています」と紹介している。

 当該ウェブサイトでは7月20日朝時点では記事が削除されたようだが、2016年7月14日に”Yokota Airmen provide a mini boot camp to middle school students”(横田基地空軍関係者、中学生にミニ・ブート・キャンプを提供)と題する記事がアップされた様子である。

 当該ページのグーグルキャッシュの英文によると、『しんぶん赤旗』記事で指摘されているような内容が確認できた。当該の学校の実名も出ている。当該校では7月2日に学園祭があり、企画の一環として、各分野25種類以上の専門家を招いて、生徒の希望に応じて各グループごとに体験講座を開講するというイベントのようである。

 記事中では米兵が「私が知る限り、軍と地域の生徒との交流が許された唯一のプログラムだ(This is the only program I know that allows for military to interact with local students)」、「(このイベントが)我々の日本駐留に前向きな光を与える(日本語は『しんぶん赤旗』記事による。原文の対応箇所は”First and foremost, this is a golden life experience for those Japanese and Airmen, and it shines a positive light on our presence here in Japan”と思われる)」と発言している。『しんぶん赤旗』記事では「首都東京に居座り続けるための宣伝の一部であることを認めています」と批判している。

 また記事と同時にウェブ上に掲載された写真では、生徒の顔や名前が判別できるものも多数あり、『しんぶん赤旗』では「子どもたちを米軍の宣伝に使用しており、重大な人権侵害の恐れがあります」と批判している。

 『しんぶん赤旗』では「在日米軍基地の多くは市街地に隣接しており、爆音が事件・事故などが絶えず摩擦を抱えています」と指摘し、武蔵村山市でも騒音や部品落下などの事故があり、日常的に危険にさらされていると指摘している。そのうえで、米軍が様々な機会を利用して”理解”を得ようとしているが、学校教育の場を利用しての宣伝は許されない、自治体や学校側も基地との接し方を再考する必要があると批判している。

 学校教育の場で軍事宣伝をおこなうのは、不適切である。学校行事としても再考が求められるのではないか。

スポンサードリンク