私立校でいじめ事案あったと公表:北海道

 北海道は6月15日、道内の私立学校で2014年度に継続的ないじめがあり、男子生徒が骨折などのケガを負っていたと発表した。関係者が特定されるとして学校名・校種や地域は公表を避けた。

 発表によると、被害生徒は部活動に所属し寮生活を送っていた。加害者は同じ部活動で同じ寮の生徒だったという。2014年に骨折事案が発生し、学校から北海道知事に報告があった。「いじめ対策委員会」での調査の上で、報告書を2015年度に知事に提出した。

 関係者特定の恐れを口実に詳細を伏せても、結局は事件そのものを隠蔽することにしかならないのではないか。発表された範囲では「いじめ事案があった」ということ以上はわからず、どのような対応が取られたのか全く具体的ではない。

(参考)
◎ 暴行伴ういじめ 道が公表 14年度に10代生徒骨折 /北海道(毎日新聞 2016/6/16)

スポンサードリンク