幼稚園溺死事故、園長の過失認め有罪判決

 愛媛県西条市の加茂川で2012年7月、同市の「西条聖マリア幼稚園」の宿泊保育中に園児らが川遊び中に川に流され、5歳の園児が死亡し別の園児2人がけがをする事故が起きた。この事故に関して、引率の際に注意を怠ったとして業務上過失致死傷罪に問われた当時の園長(75)に対し、松山地裁は5月30日の判決公判で、罰金50万円(求刑罰金100万円)の有罪判決を出した。

 園長側は判決を不服とし、控訴も含めて対応を検討するとしている。

 事故は2012年7月20日に起きた。当時は同園で宿泊保育が実施され、宿泊施設近くの事故現場の川で水遊びをおこなっていた。事故直前、川の上流で断続的に雨が降るなどしていた。園長や引率教員は、上流での降雨にもかかわらず川の増水を予測せずに、対応を取らずに漠然と川遊びをさせていたとし、人災としての要素が大きいと指摘した。一方で園長らは、「当時は晴れていた。濁流が押し寄せることを予測することは困難」などと反論して争っていた。

 判決では「降った雨水が水位に影響するという常識とも言える危険性を予見しなかった。安易な態度で非難されるべきだ」と指摘し、園長に有罪判決を出した。一方で引率教員2人については、宿泊保育での役割が明確ではないとして無罪とした。

 現場付近では晴れていても上流での降雨が影響し濁流が押し寄せた水難事故は、この事故が特異というわけではなく、過去にも多数発生している。晴れていたから予見困難という主張はあまりにも安易と批判されてしかるべきではないか。

 判決の軽重については判断する立場ではないが、少なくとも園長の過失責任が認められたのは当然ではないかといえる。その一方で引率教員について、宿泊保育での役割が明確ではないから無罪というのは、刑事事件としての進め方や判断の手続きとしてはともかく、一般的な感覚では首を傾げるものになっている。

 関係者個人の刑事責任の問題についてはともかく、この事故から教訓を引き出し、事故防止策を十分に取れるようにしていかなければならない。

(参考)
◎「安全対策怠る」男児水難事故で元園長に有罪判決(NHKニュース 2016/5/30)
◎元園長に有罪判決、罰金50万円 愛媛の男児水死事故(朝日新聞 2016/5/30)
事故調査報告書