国立大学卒業式・入学式「日の丸・君が代」新規導入は計15大学:2015年に文科相要請

 下村博文文部科学大臣(当時)が2015年6月、国立大学に対して卒業式・入学式での「日の丸」掲揚・「君が代」斉唱を「要請」した問題に関連して、毎日新聞社が全86国立大学を対象に卒業式・入学式での「日の丸・君が代」への実施状況や対応を書面で取材した結果が、『毎日新聞』2016年5月1日付『国旗・国歌 新たに15大学実施 文科相要請後に』で掲載された。

 86大学中81大学が取材に回答した。福島・東京・東京医科歯科・福井・政策研究大学院の5大学は無回答だったという。

 「日の丸」掲揚は回答81大学中76大学。2016年より新たに掲揚したのは、弘前・宮城教育・信州・和歌山の4大学。

 「君が代」斉唱は14大学で実施した。2016年より新規に斉唱を導入したのは、愛知教育・兵庫教育・奈良教育・鳥取・佐賀・北陸先端科学技術大学院の5大学。また斉唱はしなかったものの、宇都宮・東京学芸・東京海洋・島根・九州工業の5大学では、演奏や歌手の独唱の形で2016年より式次第に組み込んだ。

 大臣要請後に一部でも対応を変えた大学は、少なくとも計15大学ということになる。

 横浜国立・名古屋・京都・九州・琉球の5大学では、「日の丸」掲揚も「君が代」斉唱もしなかった。

 文科相要請は、大学自治の理念に抵触するおそれがあるのではないかと指摘されてきた。また2004年独立行政法人化や社会の風潮も背景にあるという指摘もなされている。

 共栄大の藤田英典副学長(教育社会学)の話 国旗や国歌を尊重する雰囲気は自然に醸成されるのが望ましく、国が大学に要請することには違和感がある。国立大は2004年度の法人化後、資金力の差が広がっており、国からの運営費交付金の減額を心配して大臣の要請に反応した大学もあったのかもしれない。また、成果主義や説明責任を求める風潮の浸透により、国の介入に対する大学側の抵抗感も薄れているように感じる。独立性を高めるのが法人化の狙いの一つだったはずだが、逆に国への従属性を強めた面がある。

(毎日新聞2016年5月1日『国旗・国歌 新たに15大学実施 文科相要請後に』)

 2015年4月に安倍晋三首相が国立大学での日の丸掲揚・君が代斉唱実施について言及し、下村文科相が要請を出した。

 下村博文文部科学大臣は6月16日、国立大学学長会議で学長らに対して、「国旗と国歌の取り扱いについて適切にご判断いただきたい」と発言し、入学...

 さらに下村氏の後任として就任した馳浩文科相もこの方針を踏襲し、「君が代」斉唱はしない方針を決めた岐阜大学に対して「日本人として、国立大としてちょっと恥ずかしい」と批判した。

 馳浩文部科学大臣は2月21日、岐阜大学で入学式・卒業式の際に「君が代」を斉唱しない方針を決めたことに言及し、「国立大として運営費交付金が投...

 この一連の流れがあり、方針を転換した大学が続出した要因の一つとなったとみられる。

 強制のような形は好ましくない。大学の行事の具体的な運営方法については大学関係者の自主的な判断で決めていくべきだし、決定の背景に運営費交付金など政治的・経済的な圧力はあってはならない。

スポンサードリンク