東京都教委の「日の丸・君が代」強制問題

 東京都では、都教委が入学式・卒業式に「日の丸・君が代」を押しつける通達を出し、教職員らが強制反対を求めて裁判に訴えています。いくつかの裁判が、現在も審理中だということです。

 「日の丸・君が代」に関してどのような感情を持つかは、個人の内心の自由に基づくものといえます。

 しかし東京都では、式のやり方までも細かく定める通達を出したり、教職員のみならず児童・生徒にも強制するというやり方が問題となっています。また、教職員に対して、従わない場合は処分するという圧力を示しながら、都教委が示した画一的なやり方を強要しています。このため、多くの教職員は苦痛を感じているということです。

 このような東京都のやり方は、民主主義にはなじまないものです。また、「不当な圧力」を禁じた教育基本法にも抵触するものだといえます。

 別の角度から見ると、本来は学校の自主的な裁量で運営していくべき学校行事である入学式・卒業式に対して、都教委が指示した特定のやり方を一方的に押しつけるというのも、問題のあるやり方です。

 このような東京都のやり方は、即刻撤回すべきだと考えます。