※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

大学受験も景気悪化の影響

 大学受験予備校・河合塾(名古屋市)の調査によると、景気悪化が受験生の進路選択に影響している傾向が明らかになりました。

 景気の悪化に伴い、奨学金制度の活用を検討する生徒や自宅から通学できる大学を選択する生徒が増加しているということです。また学費が相対的に安い国公立大学を志望する傾向や、私立大学の受験校数を減らす傾向なども進んでいます。また受験生が大学への進学自体を見直すケースも生まれているということです。
 経済状況で進路選択が狭められるようなことは、可能な限り避けていかなければなりません。できる限りの対策をとっていくことが求められています。