※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

神奈川県立神田高校不適正入試問題:元受験生と面談

 神奈川県立神田高校の不適正入試問題で、神奈川県教育委員会は12月22日、不正に不合格にされた元受験生22人のうち11人との面会を終えたことを明らかにしました。

 面会では転入学を希望する声や、不本意入学した私立高校との学費の差額などを補償してほしいなどの声が出されたということです。神奈川県教委は、転入学については無試験で受け入れるとしています。
 また元受験生らは、今回の問題については校長に責任があるという厳しい見方を示しているということです。
 今回の問題の核心は、募集要項にはない不適切な「裏基準」を勝手に作って合否判定を実施したことにほかなりません。進路を大きく変えざるを得なかった元受験生には、できる限りの対応をしていくことが望まれています。