※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

全国学力テスト「過度な競争ない」?大阪府知事

 橋下徹大阪府知事と萩生田光一文部科学省政務官は12月18日、文部科学省内で会談をおこない、全国学力テストについて「(結果公表以降も)大阪は過度な競争とか序列化とかなっていない」などと発言したということです。

 他県と比較して「平均点が低い」ことにあわてふためいて、平均点を上げるための「学力向上」策を打ち出しているという大阪府の施策自体が、私からみれば「競争や序列化の発想に振り回されている現実がある」と見なせます。学力テストの平均点だけで優劣を付けるのは狭い発想です。

 「過度」と「過度でない」の境界には客観的な基準がなく主観に左右されるという問題はありますが、「過度」と表現する場合は平均点だけを絶対視しで優劣を付けるような狭い意味での発想を指す場合が多いようです。その意味ではやはり過度な競争は現に発生しています。