※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

小学校英語必修化方針まとめる:中教審外国語専門部会

 中教審の外国語専門部会は、小学校での英語を5年生から必修化する方針をまとめたということです。週1時間程度の学習時間で、担任教諭とAET(英語指導助手)が指導に当たることを想定しているということです。

 しかし、英語必修化は性急に過ぎるという印象をまぬかれません。
 現行の小学校教員養成では英語指導を前提にしているわけではなく、また研修制度も不十分なもとで「見切り発車」しても、望ましい学習効果は得られないというおそれがあります。
 小学校英語の現時点での拙速な導入は、むしろ問題点だけが大幅に山積みになるという印象を受けます。