※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

入試で不正に不合格:神奈川県立神田高校

 神奈川県教育委員会は10月28日、同県平塚市の県立神田高校の入学試験で、筆記試験や面接などの成績は合格圏内に達していたにもかかわらず、あらかじめ公開されていた入試選抜基準にはない「願書提出時の服装や態度が悪い」という理由を付けて受験生合計22人を不正に不合格にしていたことが分かりました。

 不合格になった生徒は、2005年に4人、2006年に6人、2008年に10人いたということです。神奈川県教委は「希望者には入学させる」としていますが、2008年度の不合格者はともかく、それ以前の不合格者についてはすでに高校を卒業している年齢になっている人もいるため、不合格を撤回したところで実質的には不利益を回復できません。
 学校側の行為は入試制度の根幹に関わるものです。こういう不正が行われていたことには、驚きを禁じ得ません。