※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学校行事にも言いがかり:『産経新聞』と一部埼玉県議

 『産経新聞』(web版)2008年10月18日配信に「国旗・国歌なし 埼玉県立盲学校100周年行事 知事や教育長も招待せず」と題する記事が掲載されています。

 埼玉県川越市の埼玉県立盲学校では、11月に創立100周年記念行事を行う予定だということです。行事内容は、生徒の実状を総合的に考慮して、学校側が決めました。しかし学校側が決定した行事の内容について、『産経新聞』や一部の県議会議員が「日の丸・君が代がないことや、知事や教育長などの来賓を招かないことはけしからん」などとケチをつけているような論調です。

 『産経新聞』らしいといってしまえばそれまでですが、産経新聞や一部県議の主張は、あまりにも馬鹿馬鹿しい、そして恥ずかしくて情けない言いがかりです。学校教育のことを何も分かっていないし分かろうともしない、ということを自ら示しています。

 そもそも学校行事の具体的な進め方については、学校が自主的に決めるものです。思想信条どころか学校の教育課程編成権まで無視して、一方的に「日の丸・君が代を押しつける」ことを強要しようというのが異常です。

 問題視する一部の意見に対して、埼玉県教委は「校長の判断」として学校への指導などはおこなわない方針を示しました。県教委の判断は当然でしょう。