※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

科学離れは高校生から?国立教育政策研究所調査

スポンサーリンク

 OECDの国際学習到達度調査(PISA)が高校生を対象におこなった科学に対する調査について、国立教育政策研究所が全国の中学生へPISAと同一の質問で調査ををおこなったところ、中学生は高校生と比較して科学に関心を持っている生徒の割合が高いという調査が出ました。

 PISAでは「日本の高校生の科学に関する関心は、世界最低水準」という調査結果となりました。国立教育政策研究所の調査は「いつ関心が失われるのか」という点を解明しようとして実施した調査だということです。
 国立教育政策研究所では、授業の難易度が高くなること・実験や観察の機会が減ることなどが背景にあると分析しています。しかし本質的問題は分析の「その後」にあります。「物事の本質を系統的に、かつ興味を持って学べるように工夫されたカリキュラムへと転換するためには、どういう改善を行っていくべきなのか」という点が問われているといえます。