※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「高大接続テスト」(仮称)提言:中教審

スポンサーリンク

 中央教育審議会は、「高大接続テスト」(仮称)を設置することを検討するという提言をまとめました。

 提言によると、「大学生の学力低下が問題となっている」などとして、現行の大学入試センター試験や各大学の入試とは別に、大学進学を希望する高校生全員に「高大接続テスト」(仮称)の受験を義務化させるということです。「高大接続テスト」(仮称)は2年生または3年生の早い時期での受験を想定し、AO入試や推薦入試等の合否判定の際にこのテストの結果を併用することなども想定するということです。
 しかしこの提言は、正直言ってめちゃくちゃだと感じました。厳しい言い方をすると「思いつきで提言した小手先のものではないか」とすら感じます。
 大学生の学力低下が問題になっているという現状分析には、特に異論はありません。しかしこの現状を改善するためには、高校教育全体でのカリキュラムの見直しと合理化、大学入試のあり方および大学教育の改善など、もっと大きな視野からの改革が求められます。
 しかし、そういう根本にメスを入れることなしにテストの回数を増やすだけでは、受験生にさらなる負担をかけるだけではないでしょうか。また学力低下の解消につながるかも疑問です。