※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

保育所園長資格新設検討:厚生労働省

スポンサーリンク

 厚生労働省は、保育所の園長の資格を新設することを検討しているということです。

 育児環境の悪化などの中、高い専門性を持った職員を確保することがねらいだということです。

 保育所の園長は、教諭出身者を登用するのが基本の学校長とは違い、必ずしも現場で保育士としての勤務経験を積んできた人の中から登用されるというわけではないということです。自治体の福祉部局担当者が兼任したり、さらに保育畑出身ではない職員が人事異動の関係で着任するということもあるということです。

 保育士資格を園長資格の要件にするという方法も考えられるという気はしますが、いずれにしても高い専門性を持った関係者を養成していくための方策は、ていねいに考えられるべきだといえます。今後の議論の行方が気になります。