※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

大学応援団員の自殺:部内でのいじめ・集団暴行原因か?

 明治大学応援団リーダー部に所属していた男子学生が2007年7月に自殺した問題で、自殺した学生に対して部の幹部らが集団暴行を繰り返していたと一部で報じられています。暴行の様子を撮影したビデオが発見されたという情報もあります。

 事実ならば全くひどい話です。一部の旧態依然とした体質を持つ大学部活動で部員を集団暴行して死に至らしめたなどの事件は過去にもたくさん起こってきました。暴行やビデオの存在が事実ならば、いまだにこのような事件が発生していることに強い憤りを感じずにはいられません。
 徹底的に調査し、暴行やビデオの存在が事実ならば、部の自主解散ないしは廃部処分・また刑事告発も検討するなど、毅然とした対処がなされるべきです。