※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

滝川高校いじめ自殺、加害者のうち1人を家裁送致

スポンサーリンク

 神戸市須磨区の私立滝川高校のいじめ自殺事件で、神戸地検は10月5日までに、加害者の一人を恐喝未遂の非行事実で神戸家裁に送致することを決めました。

 今まで明らかになっていることだけ見ても、加害者の行為は悪質な犯罪行為であることは明らかです。金銭の要求の他にも、インターネット上での中傷や裸の写真をむりやり撮るなどきわめて重大な行為が繰り返されており、徹底的に調べ上げた上で最大限の必要な措置がとられるべきです。小学校低学年ならまだしも、通常ではそれなりの善悪の判断力もあるはずなのにこのような悪質な行為をおこなった高校3年生に対しては成人と同じ措置でいいのではないかという気もしますが、それでも最大限の措置がとられなければなりません。