※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

「つくる会」が「集団自決なかった」検定の維持求める

 高校日本史教科書検定での「集団自決強制」削除問題で、「新しい歴史教科書をつくる会」は10月4日、検定意見の撤回をしないように文部科学省に申し入れました。〔『asahi.com』2007/10/4

 この集団がどこを向いているかを、改めて端的に示している出来事だと感じます。学問上の定説は集団自決強制があったとされていること(「つくる会」は定説を無視してあたかも「自分たちの主張している『強制はない』ということこそが絶対的な真実」かのように喧伝していますが)・削除に動いた理由として「つくる会」寄りの教科書調査官がいたことが指摘されていることなども加味すると、この集団が学問的事実を無視して政治的立場から動いていることは明らかではないでしょうか。また検定に疑念を抱く世論が超党派で巻き起こっていますが、それすらも無視して自説を押しつけようとしていることも重大でしょう。
 以上のことを考慮すれば文部科学省の動くべき方向は明らかで、「つくる会」の期待する方向性とは正反対だといえます。