※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

滝川高校いじめ自殺事件、加害者を恐喝容疑で逮捕

 兵庫県神戸市須磨区の私立滝川高校で2007年7月3日、3年生の男子生徒が校舎から飛び降り自殺しました。この事件に関して、いじめ加害者5人を名指しして金品を恐喝されるなどのいじめ被害を訴える遺書が残されていたことが明らかになりました。兵庫県警少年捜査課と須磨署が捜査を続けていましたが、9月17日に遺書で名指しされたいじめ加害者1人を恐喝容疑で逮捕したということです。

 遺書のほかにも複数のいじめ目撃証言がされていましたが、学校側はいじめの事実を認めようとはしていません。
 状況からいじめ自殺であることは明らかです。加害者の逮捕という事態に至ったのは、別におかしいことではありません。引き続きいじめの事実関係を多方面から徹底的に解明しなければなりません。