※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

小中学生時代のいじめ報復で放火

 「25歳の男が、小中学生時代にいじめられた仕返しに、いじめ加害者の元同級生宅を燃やそうとした」という事件が、北九州市で発生しました。

 報道記事によると、概要は以下の通りだということです。なお、当方の判断で、記事中の容疑者名は伏せ字に変更しました。

いじめ恨み同級生宅に火〔『日刊スポーツ』2006/2/22〕

 福岡県警八幡西署は22日までに、小中学生時代にいじめられた仕返しに同級生宅を燃やそうとしたとして、放火未遂の疑いで北九州市八幡西区の無職●●●●容疑者(25)を再逮捕した。

 調べでは、●●容疑者は02年1月15日早朝、八幡西区内の同級生宅の窓付近に、灯油を染み込ませた布袋を燃やして置いた疑い。燃え広がる前に消し止められ、木造の窓枠が焦げただけだった。同じ日に別の同級生2人の家にも放火を試み、郵便受けなどを燃やすぼやを起こした。

 ●●容疑者は1月11日、強制わいせつの疑いで逮捕され、取り調べの中で同級生宅への放火を自供。「悪口を言われたり、頭をたたかれたりした。仕返ししようと思って火を付けた」と供述しているという。

 放火の動機が「いじめの仕返し」によるものだとしても、容疑者の行為を正当化することはできません。

 その一方で、この事件だけにとどまらず、「学生時代のいじめ被害の仕返しとして、成人後に報復行為をおこなう」という事件は、時々発生しています。

 いじめは被害者の心に深い傷を負わせるもので、決して発生させてはいけないし、また万が一いじめが発生すれば早いうちにいじめをなくしていかなければいけない。いじめによって、被害者の心には大きな傷が残る――こんな重い事実を改めて見せつけられた事件です。