※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

学力テスト問題を校長に事前配布

 9月11日付各紙報道によると、2005年秋におこなわれた東京都の学力テストに関連して、東京都足立区教委の担当者が学力テストの問題を区立小中学校の校長会で事前配布していたことが判明しました。

 足立区教委担当者らは「テストの方式を周知する」という目的だったということですが、校長らから「問題漏洩の誤解を招く」と抗議があり、抗議の直後に区教委が問題漏洩防止を徹底する通知を出したということです。
 学力テストが「ありのままの学力を測定し、児童・生徒の学習指導に生かす」という趣旨から外れ、地域間・学校間競争ととらえているからこそ、このような問題が発生します。東京都や足立区は学力テストで地域別・学校別の平均点を発表しているので、なおさらこのようなことが起こる素地があります。
 学力テストの運営そのものに重大な問題があることを、改めて浮き彫りにしている事件です。