※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

体育祭で熱中症事故

スポンサーリンク

 大阪府立高槻北高校(高槻市)で9月5日におこなわれた体育祭で、熱中症で不調を訴える生徒が続出し、30人以上が手当を受けたということです。

 当時の大阪府の気温は30度を超え、熱中症のリスクが高い気象条件でした。

 大阪府では2005年9月にも、大阪府立和泉高等学校で今回と同様、体育祭で熱中症が発生して多数の生徒が手当を受けた事故が発生しています。

 9月上旬に体育祭をおこなうのは気候的に厳しすぎるという気がします。特に大阪府では、9月半ば頃までは真夏のような天候も珍しくありません。

 しかしこの時期に体育祭をおこなっているということは、この時期にしか時間が取れないのではないか・それだけ学校のカリキュラムに余裕がないということを示唆しているのではないかという、学校個別の問題にとどまらない構造的な問題を抱えているように感じます。