※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

金沢大学、教養科目の必修拡大へ

 金沢大学は2015年度以降、主に1・2年生が履修する共通科目について、必修科目の数を拡大することを発表した。

 現行では共通科目の必修科目は語学や情報処理の分野に限られていたが、必修科目を拡大することによって基礎的な教養を底上げすることをねらう。

 学長は、日本の 歴史や住んでいる地域の現状を理解していない学生が多いとして「好きなものだけを つまみ食いする教育では、世界で活躍できる人材は育たない」などと話したという。どの科目を必修に指定するかについては、今後学内で具体化する。

 大学生の学力低下や、基礎的な教養の偏りなどが指摘されて久しい。どのように具体化されるかは不透明な部分もあるが、注目される取り組みになる可能性もある。

(参考)
◎教養科目の必修拡大 金大 (北國新聞 2014/5/10)