※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

合格実績水増し、他校でも

スポンサーリンク

 大阪学芸高校(大阪市住吉区)が生徒1人に対して、受験料を学校で負担した上で志望外の学部・学科を数十ヶ所受験させる手法で、学校の大学合格実績を事実上水増ししていた問題にからみ、読売新聞の追加取材で大阪府内のほかの私立高校少なくとも2校で同様の手法をとっていたことがわかりました。〔『読売新聞』2007/7/21『合格実績水増し問題、受験料肩代わりは大阪府内で他に2校』

 受験成績で「特色」を出そうとする発想が、このような行為につながるのだといえます。大学合格実績とスポーツ成績の二つの分野については、特色としてわかりやすいとして安易に追い求められる傾向もあるようです。しかしその一方で、数字を過剰に追い求めることや「実績を特色にする」という行為が、日常の教育実践にも大きな悪影響を与えて教育活動そのものにも大きなゆがみが出ます。
 学校の費用負担で進学する気もない学部・学科を多数受験させて合格実績を水増しするという行為は、そういう受験成績を「特色」として扱う風潮の結果構造的に生み出されたものではないかと感じます。