※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

東京都教委の「日の丸・君が代」強制 都教委がメールで指示

 東京都教育委員会が教員に対して、入学式や卒業式の際に「日の丸・君が代」を強制している問題で、都教委が校長専用メールで校長に対して細部にわたって指示を出し、校長に「職務命令」を強要している実態が明らかになりました。

都教委、メールで指示 「日の丸・君が代」強制 元校長が証言〔『しんぶん赤旗』2006/2/11〕
 東京都教育委員会が校長専用メールで細部にわたり指示を出すなど、都立学校の卒業式で「君が代斉唱」時に教職員に起立を命令するよう校長に強制している実態が十日、元校長の証言で明らかになりました。「職務命令は校長の裁量によって出された」とする都教委側の主張の根拠がさらに崩れた形です。
 これは、二〇〇四年三月の都立高校の卒業式で起立しなかったことで「職務命令違反」を問われ処分を受けた教師が、都人事委員会に撤回を求めて訴えている事件の審理で明らかになったもの。
 十日の審理では、「職務命令」を出した元校長が証人として出席し、「起立の職務命令を出さない裁量はまったくなかった」「(都教委の)措置は事実上の命令で、それ以外のやり方はできなかった」と証言しました。
 元校長は〇三年十月二十三日に都教委が卒業式、入学式などの行事の際に「日の丸・君が代」を強制する「実施指針」と通達を出してから、都教委から校長への事細かな指導が専用メールで来るようになったと明らかにしました。起立しない教職員がいた場合の「想定問答」や都教委に出す報告書の「ひな型」が送られ、それに従わなければならなくなった実態を証言。校長連絡会で都教委幹部が「(通達は)戦後の都立高校教育のターニングポイント」と発言したことを紹介しました。
 元校長は「教師生活三十八年の最後の最後に『通達』によって断腸の思いで命令を出さざるを得なかった」との胸の内を語りました。そして、「教育にとって本当に大事なことがおろそかにされていることを危ぐする」とし、多くの校長が同じ気持ちを共有しているはずだと述べました。

 都教委側は「日の丸・君が代」に関する職務命令は校長の裁量で出されたとしています。しかしこの元校長の証言によると、都教委が「日の丸・君が代」を一方的に強制している実態があり、都教委の主張は事実に反するものだといえます。
 「日の丸・君が代」についてはいろいろな考え方があります。しかし、「日の丸・君が代」に対する立場の違いを超えて、「強制するのは良くない」ということは、多くの人に共通する考え方だということが、各種の世論調査などでも明らかになっています。またこの問題は個人の思想信条や内面の自由にもかかわる問題でもあり、強制しないことが民主主義的な社会のあり方だといえます。
 また、児童・生徒があってこその学校行事です。児童・生徒・教職員が一体となって、現場の実情にあったよりよい形を模索しながら作り上げていくことが、教育上重要だと考えられます。
 それらのことから考えると、東京都教委が「日の丸・君が代」を児童・生徒・教職員に強制することは、児童・生徒・教職員の思想信条や内面に不当干渉するものであり、また学校運営や教育活動にも悪影響を与えるものです。
 「日の丸・君が代」をむりやり強制する東京都教委のやり方は、即刻撤回されるべきです。このことを改めて指摘しておきたいと思います。