※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

熊本中3自殺、いじめ行為11件認定

 熊本県和水町立中学校3年の男子生徒が2012年に自殺し、背景にいじめが指摘された問題で、町の第三者調査委員会は4月4日、生徒へのいじめ行為11件を認定し、自殺の原因になった可能性があるとする報告書を町に提出した。

 「(男子生徒がネット上で知り合った)女性の名で度々呼ばれ、繰り返しはやし立てられた」「自作の伝言ボードに中傷の落書きをされた」などの行為をいじめと認定している。
 学校や町教委は「いじめはなかった」と判断したが、その点についても「対応に問題を残す」と指摘した。
 自殺の原因については、「本人の性格や家庭環境、学校生活が複雑に関係し合って生じたと考えられた」としたものの、いじめも一因になったと判断している。
 十分とはいえないだろうが、学校側の対応の不十分さを認めたことは注目に値する。学校側はきちんとした対応を取るべきではないだろうか。