※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

天童市中学生自殺、100人以上がいじめあったと回答

スポンサーリンク

 山形県天童市立中学校1年の女子生徒が1月7日に山形新幹線にはねられて死亡し、線路内へ立ち入っての自殺とみられている事案に関連して、学校側が実施したアンケートで、全校生徒の4分の1にあたる100人を超える生徒が、この女子生徒へのいじめの存在を認識していたと回答していることがわかった。

 1月15日に実施したアンケートでは、全校生徒約530人中十数人が直接的ないじめの内容の記述をおこない、他に100人以上が「噂で聞いた」とする話も含めてこの生徒へのいじめがあったことを示唆するような内容を改定たという。
 死亡事案発生直後には、学校側は「いじめを把握していなかった」という主張をおこなっていた。しかしその一方で、「1学期に保護者が学校に対し、いじめを心配する相談をおこなっていた」「2013年9月の調査では、この女子生徒が友人関係について不安を訴えていた」という内容が明らかになった。
 生徒の遺書とみられるノートも含め、いじめがあった疑いがさらに強まったことになる。しっかりと調査してほしい。
(参考)
◎100人超がいじめ認識・天童の中1死亡 生徒アンケート、教職員も調査へ(山形新聞 2014/1/19)