※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

文科省、社会科教科書検定基準の改定へ

 文部科学省は1月17日、教科書の検定基準について、小中学校社会科および高校地理歴史・公民の教科書で近現代史を扱う際には政府見解を尊重することを求める基準改定をおこなうことを発表した。

 2014年度春に申請本を受け付ける予定となっている中学校教科書検定から適用する。
 政府与党の自民党が「南京事件や従軍慰安婦に関する記述が偏っている」などとして、検定基準の改正を求めていた。
 文科省は表向きは「バランス良く教えられる教科書にするため」としている。しかし自民党の動きなどを考慮すると、近現代史で極右派がやり玉に挙げて教科書攻撃を繰り返している南京事件(南京大虐殺)や従軍慰安婦などで、極右派にとって気にいらない史実が排除されて記述がゆがめられる危険性がある。
 以前にも沖縄戦の「集団自決」(強制集団死)問題で、日本軍の軍命について触れた記述が曖昧な形に書き直させられた教科書検定問題があった。そういうことが他のテーマでも公然とまかり通っていくのではないか。極めて危険な流れである。