※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

京都市、中3で30人学級導入

 京都市のすべての市立中学校の3年生で、2007年度から30人学級を導入することが決まりました。

<京都>京都市 市立中学校3年生を30人学級に(『朝日放送』2006/12/6)
 京都市教育委員会は、来年4月から、市内の市立中学校の3年生を30人学級にすることを明らかにしました。
 64校が対象となり、この結果、83学級増えることから、市は独自予算で常勤講師などを新たに採用します。京都市は、「進学を控えた3年生への指導を細やかにという要望にこたえた」としています。中学校での30人学級導入は、政令市では初めてだということです。

 少人数学級がきめ細やかな指導につながるということは、教育研究の結果でも明らかになっています。3年生が対象だということですが、できるだけ早期に全学年に広がることが望まれます。
 また日本全体としても、すべての地域および学年での30人学級を実現できるような施策の整備が求められます。