「HP無断転載・侮辱コメント」教師の続報

 「自身の運営するウェブサイトで、交通事故死した児童の写真を無断掲載し、遺族感情を逆撫でするようなコメントを付けた」などとして刑事告訴された教諭について、いろいろと続報が報じられています。

 この教諭は、東京都羽村市立松林小学校で5年生を担任していたW教諭(33)。問題のサイトについても、遺族側がこのページの存在に気付いて警察や法務省に働きかけると、一時消されてもすぐに復活するという念の入れようだったということです。
 教師としての仕事についても、学校側は「熱心な教師」とみていた一方で、W教諭からのわいせつ被害や「体罰」被害を訴えている児童もいるということです。ネット上だけでなく教師の職務上でも、やはり子どもを傷つける行為をしていたのか…とあきれかえります。