※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

調布市児童いじめ教師、暴言の内容

 東京都調布市立小学校で2012年度、2年を担任していた女性教諭が児童に暴言を繰り返した問題、問題の暴言の内容を各マスコミが報じている。

 4月19日、フジテレビやTBSが、問題の肉声を入手してテレビで流した。

 フジテレビの映像。

「○○(児童の名前)さん、(給食を)1人前もらうのやめてくれる? いつも迷惑だから、ねえみんな。迷惑だよね」
「嫌われちゃうよ、みんなに。わかってる? どこの王子様だよ、ほんと嫌な感じ」
(おたふく風邪で欠席した児童に対して保護者を中傷)「おたふく風邪なんて、全然連絡がなかった。連絡帳のどこに、おたふく風邪って書いてあるの? 連絡帳持ってきなよ! どこに、おたふく風邪って書いてあるの? 耳の下が痛いしか書いてないじゃない。そうしたら欠席じゃなくなるの! 計算、全部1週間前からやり直さなきゃいけないの、保健の先生が。欠席になってるって言ってるでしょ、君はただの。欠席と出席停止は、数が違うでしょ? 連絡帳だって、(児童の)お姉ちゃん、全然取りに来なかった。普通さあ、お兄ちゃん、お姉ちゃんだったら、(取りに来ないで)連絡帳、届くの待つ? だらしないなあ、お母さんは」

 TBSの映像。

「あーあ、おバカたちだな、バカたちだよねー。だからバカ? 何やってるの?ボケてるの?」

「ダメな人生、いいかげんやめようと思いません?なんて人としてのレベルが低い子どもたちだろうと思う。うそつき、まったく本当にビックリだよ。1日何回うそつけば、気が済むんだ」

「お勉強ができない人は、字を書くのも下手。おまけに遅いくせに下手だわ。どいて、早く拭けよ。早く拭け、拭いてすぐ」

「髪の毛触らないでくれる?気持ち悪いから。禁止しますって言ったでしょ。(クラスの他の児童に対して)早く答えてくれないと、勉強始まらないって言っていいよ」

(給食で)「一人前もらうのやめてくれる? 少なくしてくれる?いつも迷惑だから、ねっ、みんな迷惑だよね。ひとかけらずつ食べないで、口の中に山のように入れて食べなさい」

 これはあからさまないじめ・虐待であり、聞いているだけでも気分が悪くなった。しかも自分で暴言・いじめ行為をおこなうだけでなく、クラスの他の児童に命じて標的の児童の攻撃をさせているのもきわめて悪質である。このほかにも、教諭は机をたたいて威嚇するなどの行為もあったことが指摘されている。

 映像では 「『まさか教員がここまで』っていうのがあって、想像できないくらいのものが入っていた。実際、テープを聞いた保護者は『ここに自分たちの子がいたなんて』と泣いていた」(TBS) とする保護者インタビューも入っている。被害児童や保護者・関係者の心情を思うと言葉もない。

 こんなもの即刻実名公表の上で懲戒免職にしても足りないくらいだし、マスコミもこの教師の名前を実名報道すべきである。

東京都教育委員会はこの教諭を「懲戒処分に値しない」としたが、全く理解できない。

TBSの報道では、調布市教育委員会は教諭を処分したがったが、実際に処分権限を持つ東京都教育委員会が認めなかったというニュアンスに取れる。しかし、調布市教委はこの教諭を学校現場に復帰させようとしたということも同時に指摘しなければならないだろう。