※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

いじめでうつ状態認定し賠償命令:名古屋地裁

 名古屋市立中学校在学当時にいじめを受けうつ状態になったとして、男子生徒(現在16歳)が元同級生とその母親に計約220万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁がいじめを認定し、また母親の監督義務違反も認定し、2人に33万円の支払いを命じる判決を出していたことがわかった。

 判決は2013年3月29日付。元生徒は中学校3年だった2011年、この元同級生から暴行を受けたり「殺す」「金を出せ」などと脅されるいじめを受け、精神的苦痛からうつ状態になったという。
 生徒の母親が2011年9月に学校に相談した。しかし元同級生側は協議に応じず、生徒側が名古屋簡裁に申し立てた調停も無視したという。生徒側は2012年2月に提訴した。
 判決では元同級生のいじめを認定した上で、元同級生の母親についても「学校から連絡を受けた後も具体的な注意をせず、漫然と過ごしていた」と監督義務違反を認めた。
 原告側代理人弁護士は「やむを得ず訴訟になったが、証言など数少ない証拠でいじめが認められたのは意義がある」と話しているという。いじめや学校事故の訴訟では、教育的な視点からは疑う余地のないものでも、法的な判断のもとでは証拠と評価されず「おそらく被害者側が主張している事実はあるのだろうけど、裁判上明確に採用できない」と曖昧な認定をする例や、ひどい場合には事実そのものが認定されなかったりすることもままある。
 このような中で、いじめを認定したことは、被害者の救済という意味では一定の評価がなされるべきではないだろうか。
(参考)
◎「受験前に苦痛」…いじめで33万円支払い命令(読売新聞 2013/4/3)
◎いじめでうつ状態 元同級生らに賠償命じる判決 名古屋(朝日新聞 2013/4/3)
◎いじめで同級生に賠償命令 母親の監督義務違反も認定(スポーツ報知 2013/4/3)