※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

いじめで不登校に:奈良・橿原

スポンサーリンク

 奈良県橿原市教育委員会は2月2日、市立中学校でいじめがあり、2年の女子生徒が不登校になっていると発表した。

 市教委や学校によると、同校2年の女子生徒は2012年6月頃から、同級生から「お前がいたらうっとうしい」などと言われたり、歌う仕草を見て笑われるなどのいじめを受けたという。同級生の女子生徒17人が関与しているとされる。
 被害を受けた女子生徒は9月中旬以降教室に入れなくなり、別室指導を受けていた。さらに11月以降、学校にも登校できなくなった。女子生徒は急性ストレス反応と診断された。
 保護者が学校側に訴え、学校側は全校集会で指導したり、教師立ち会いのもとで関係した生徒への面談を実施した。生徒のうち15人がいじめへの関与を認めたが2人は否定したという。保護者は奈良県警橿原署に被害届を出し、同署が同級生らから事情を聞いた。
 直接の暴力でなくても、人格を否定されるような暴言や対応をされるタイプのいじめでも、被害者に重大な影響を及ぼすことになる。こういういじめは防いでいかなければならないし、生徒の退潮が早く回復することを願う。
(参考)
◎いじめ:中2女子が欠席 橿原市教委発表、警察が17人事情聴く /奈良(毎日新聞 2013/2/3)
◎同級生無視で女生徒不登校…校長「ケア努める」(読売新聞 2013/2/3)