※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

日本のいじめ問題、ドイツでも報じられる

スポンサーリンク

 日本のいじめ問題について、ドイツでも主要メディアが関心を寄せて連日報道しているということです。

 例えば、ドイツの全国紙・ヴェルト(die Welt)では、2006年11月15日東京特派員発の記事として、「深刻な問題:児童・生徒の自殺が日本社会にショック」というタイトルで、日本のいじめ問題を特集しています。
 記事では横浜の幼稚園の園長がヴェルト紙のインタビューに答え、「日本の子どもは『よい子でありたい』というストレスが高い」という趣旨を話しています。また、過剰な受験競争も影響していると分析されています。
 また、雑誌・シュピーゲル(der Spiegel)でも、2006年11月15日付でいじめ問題を特集した記事「児童・生徒の自殺:『ぼくは自殺します。さようなら』」をウェブ配信しています。シュピーゲル誌の内容も、ヴェルト紙の内容と共通した論調になっています。
〔参考資料〕