※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

練習中の「体罰」でケガ、元柔道部員が提訴:東京

 東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった女子生徒が在学中、顧問教諭から「体罰」を受けて重傷を負い、また練習中の不適切指導が元でケガをしたなどとして、顧問と学校法人を相手取り495万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁立川支部に起こしていたことがわかった。

 1月23日に第一回口頭弁論が開かれた。学校側は一部の「体罰」の事実は認めたものの、「学校の認定範囲を超えた主張がある」として争う方針を示した。
 女子生徒は2009年4月、中高一貫校の同校に入学し、柔道部に所属した。2011年3月の練習中、基礎トレーニングの馬跳びをしていた際、「声が小さい」として顧問の男性教諭から鉄棒で背中をたたかれ、さらに「やる気がない」として平手打ちを受けた。生徒はこの際、左耳鼓膜を破る重傷を負ったという。
 この他にも在学中の2009年から2011年にかけ、一緒に練習していた高校生部員との無理な乱取り練習をさせられ、計3回にわたって骨折などのケガを負ったと主張している。学校側に指導改善を申し入れても対応してくれず、安全配慮義務に違反していると訴えている。
 生徒は高校から外部の学校に進学したという。
 生徒側の主張が事実だとすれば、「体罰」は決して許されないものであり、また無理な練習については再考の余地があるものだったといえるだろう。
 裁判でどう判断されるかは不明だが、少なくとも学校側は現時点でも一部の「体罰」を認めている様子である。この点については「教育指導目的」などという逃げ道を主張せず、しっかりと受け止めて再発防止策をとるべきではないだろうか。