※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

また「禁煙誓約書」提出させる大学

スポンサーリンク

 中部学院大学・同短期大学部(岐阜県関市)は、2007年度の入学者全員に対して、大学構内とその周辺約100メートルの「禁煙対象地区」での禁煙を誓約させる「禁煙誓約書」の提出を求めるということです。〔『読売新聞』2006/11/22

 名古屋女子大学(名古屋市)でも同様の誓約書提出があるということですが、新たに中部学院大学にも導入することに、ばかばかしすぎて開いた口がふさがりません。学生の自主性を全く無視しています。
 「大学敷地内全面禁煙」程度なら、導入するのは一般的な社会通念に基づいた裁量だといえます。ただし大学という組織の性質上、全構成員の意見をくみ上げてまとめるのが望ましいのですが。
 しかし禁煙誓約書を提出させたり、大学の敷地外での行動を抑制するともとれる「禁煙対象地区」の導入というのはどうなのか、疑問に思わざるを得ません。
 もちろん禁煙そのものに反対しているわけではないのですが、禁煙を呼びかけるにしても学生の自主性に訴えかけて実現するという方策が望ましいのではないか、といいたくなります。
〔当ブログ過去ログ〕
新入生に「禁煙誓約書」を書かせる大学(2005/1/19)