※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

朝鮮学校への高校授業料無償化見送りに

スポンサーリンク

 12月26日夜にも発足する安倍新政権は、朝鮮学校に対して高校授業料無償化を引き続き適用しない方針を固めた。

 文部科学大臣に内定した下村博文氏の強い意向を踏まえたものだという。朝鮮学校が北朝鮮傘下の朝鮮総連と深い関係にあるとして、北朝鮮への経済制裁が続いている現状では見送るべきという判断になったという。
 高校授業料無償化については多くの外国人学校にも適用されているが、朝鮮学校への適用は見送られ続けている。
 北朝鮮への対応については、外交レベルでしかるべきことがなされるべきであろう。ただ朝鮮学校で学んでいるのは北朝鮮の政府関係者ではなく、日本で生活している生徒である。政治体制の問題と、現に生活し学んでいる生徒の問題は別に考えるべきではないだろうか。