※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

全国学力テスト公表は校長判断:大阪市

 大阪市教育委員会は12月11日、全国学力テストの学校別成績について、校長判断で公表するかどうかを決めることができるとする方針を決定した。

 保護者らで作る学校評議会の意見を踏まえ、公表・保護者にのみ公表・非公表の3種類から選択できるようにする。
 しかしその一方で橋下徹大阪市長は競争主義に基づく学校別成績公表や、それと絡めた学校選択制導入などを打ち出している。こういった教育観が学校現場にそぐわないことは多くの教育関係者からも指摘されているし、これまでの他地域での実例からも証明されている。
 形式的には学校が自主的に決める形にしても、実際は行政側が学校に圧力をかけて公表させるような形になるのではないかと危惧する。