※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

列車乗り過ごした受験生のために緊急停車

 「試験会場に向かう受験生が列車を乗り間違えて、鉄道会社側が列車を臨時停車させる」という事件は、ここ数年ほど受験シーズンになるとマスコミ報道されています。今年もこのような事件が東京都内のJR中央本線で起こったそうです。

乗り過ごし受験生“救助” JR東日本が温情停車(『共同通信』2006/2/2)
 特急を乗り過ごし入学試験に遅刻しそうになった受験生を助けるため、JR東日本が2日、ダイヤでは通常止まらない駅に緊急停車した。
 JR東日本によると、受験生は高校3年の女子生徒。独協大(埼玉)の入学試験のため、長野県の信濃大町発、新宿行き特急スーパーあずさ6号に乗り込んだ。地方試験会場の東京都立川市に向かっていたらしい。
 生徒は、特急が午前10時5分ごろ八王子駅(東京)を出た直後、立川駅を通過し新宿駅まで停車しないことに気付いたという。
 生徒は母親に付き添われ、車掌に相談。JRは、後発列車の運行に影響がないことを確認し、本来は通過する三鷹駅(東京)に緊急停車した。
 生徒は無事試験に間に合ったというが、JR東日本は「今回は特別措置です」と説明している。

 この受験生のためにJR東日本が「スーパーあずさ6号」を緊急停車させた件そのものについては、鉄道会社側が独自に判断することだと思うので、個人的には肯定も否定もしません。
 ただ、この受験生の個別の問題とは別に、あくまでも一般論という意味では、やはり受験の際は、会場までの交通手段についても念入りに下調べした方がよいのではないかと思います。特に新幹線やJR在来線特急は、同じ列車愛称でも便によって停車駅が違う場合も多いので、細心の注意が必要です。
 試験会場に向かう際に「試験に間に合わないかも」と焦ると、心理状態が受験にもマイナスの影響を及ぼすことも考えられます。受験生の皆さんには、自分自身が落ち着いて受験するためにも、また緊急停車で多くの人に手間や迷惑をかけてしまうということを避けるためにも、やはり受験の際は受験科目の内容だけでなく、会場までの交通手段についてもしっかりと下調べしてから受験に臨んでほしいものです。